wimaxの通信速度

数ある通信サービスの中でも、wimaxは通信速度や速度制限の上でアドバンテージがあると言われています。しかしながら、wimaxを利用するに際しても、速度制限が掛かったり、古い回線を使用していたり、電波状態が悪かったりすると、インターネットに接続する時の読み込みスピードが遅延し、ストレスを感じてしまう可能性もあります。そのような状況に陥った場合には、速度が遅延している理由を突き止め、それに見合った対策を講じる必要があります。

このカテゴリーでは、wimaxに速度遅延が生じる原因と、その解決策に関する情報をご提供してまいります。wimaxの利用中、急に速度が出なくなり、その原因や対処法が分からなくてお困りの方は、是非チェックしてみて下さい。

wimaxでは、「wimax2+(ハイスピード)」と「au 4G LTE(ハイスピードプラスエリア)」という2種類のモードを、利用者が切り替えられるようになっています。wimaxの通信速度が急に遅くなった場合、モードが「ハイスピードプラスエリア(au4G LTE)」になっていないか、チェックする必要があります。このモードは、通信可能なエリアが広く、郊外や山岳部でのネット接続時には有利ですが、月間通信量の上限が7GBに設定され、それを超えると128kbpsに減速するという通信制限が掛かります。そして、通常プランでは、月間通信量上限7GBで通信制限が掛かり、当月末まで128 kbpsに減速します。